愛媛県のサッカースクール トレーフルサッカースクールのブログです。


by treflesoccer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:レッスン風景( 260 )

新しい仲間増えてます

新年度になり毎日のように新しい子が入会してくれて、賑やかになってきています。
数あるクラブの中でうちのクラブを選んでくれる。
在り難いことです。

新しい子達にもサッカーの楽しさを伝えていけるように、そしてクラブの方針だったり、考え方が少しずつでも感じてもらえるように工夫しながらやってます。

そんな中、今日も体験の子がきていたのですが、他の教室の子達が遊びに来てくれて、そして手伝ってくれます(*^。^*)

その気持ちが嬉しいですね。

子ども同士で伝え合うことが、双方のプラスになる。

僕がいちいち説明しなくとも、よっぽど上手く伝わります。

この雰囲気、この環境がうちのクラブの良さだと思ってます。


今日の夜のジュニアユースの練習でも同じように体験の子が来たので、いつもは他の曜日に練習参加している選手が手伝いに来てくれました。

本当にありがたい。

少しずつですが、良いクラブになってきてます。

d0091852_0294229.jpg
d0091852_0312311.jpg

[PR]
by treflesoccer | 2016-04-26 01:04 | レッスン風景

強烈な刺激を。

今日は仲間達で構成するプライベートリーグ『Fリーグ』に参加。

雨も心配されましたが最後まで天気も良く、そして良いピッチ、心地よい雰囲気と素晴らしい環境でサッカー出来ることに感謝しなければなりません。

対戦して頂いたチームの皆さんありがとうございました。

そんな素晴らしい環境で試合が出来るにも関わらず、まだまだ闘う集団には程遠い選手たち(^_^.)

基本、真面目だけどお茶目で心優しく、とても可愛い子達ばかり。
それはとても素晴らしいこと。
失ってほしくない部分だし、それがベースにあるからこそ今後、人間力が身に付いていくのだとも思っています。

ただ、自分にも優しく、甘い。

そこが最大の課題。

偏に指導者の甘さ、弱さなのでしょう。

反省です。

もっと本気で夢を追ってほしい。

「大好きなサッカーだけは誰にも負けたくない!!」と内なる闘志に火を付けて、牙を研ぎ澄まし闘ってほしい。


言ってやらすことは簡単なのでしょうがそうはしたくない。だからと言って子供たちの自主性という言葉で逃げるつもりもない。

スイッチ入るのをただひたすら待ちたいと思います。

強烈な刺激を準備して。

みんな、楽しみにしててね(*^。^*)

d0091852_20424886.jpg
d0091852_20432982.jpg
d0091852_2044553.jpg
d0091852_20445167.jpg

d0091852_2211951.jpg
d0091852_22113550.jpg
d0091852_22114723.jpg
d0091852_2212247.jpg
d0091852_2212158.jpg

[PR]
by treflesoccer | 2016-04-23 21:17 | レッスン風景

成長してます

少しずつですが、それでも確実に成長が見える選手たち。

前回のブログで書いたように任せればだいたいの事は自分で出来ます。出来るようになります。

ついこの前まで、まだまだ幼い低学年だという印象だった4,5年生の子達が今ではしっかり園児や1年生に教えてくれます。
丁寧に、そして優しく。
上手くできたら「すごい!」、「やったね!」と声を掛けてあげながら(*^_^*)

それがとても微笑ましくて、嬉しくて。

技術の向上ももちろん大切ですが、このような人間力の向上が見られるのが何より嬉しい。



子どもたちは指導者の何気ない態度や声のかけ方を良く聞いています。

それを真似ます。

表面的な現象だけ見て本質を見ず、ダメ出しばかりしているとそれを真似て同じように子どもたち同士で声を掛けます。

そんな試合を良く見かけます。

真似されて困るような指導者にはならないように。

d0091852_12366.jpg
d0091852_132191.jpg
d0091852_141085.jpg
d0091852_153940.jpg

[PR]
by treflesoccer | 2016-04-22 01:43 | レッスン風景

共感

ある方のブログです。

この中に出てくる、Kコーチとはもう10年以上前からのお付き合いで、いつも刺激を受けているとても尊敬できる指導者です。

文才がないのでここまで上手く文章にできないですが、全くと言ってい良いほど共感する内容。

ぜひ、読んでいただきたい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
幼稚園児を子供扱いしなかったら驚きの成長をとげた話

子供たちにサッカーを教えているとこんな光景をよく目にしました。

・靴紐を結べない子どもを見兼ねてお母さんが代わりに靴紐を結んであげる

・靴下を上手に履けない子をお母さんが手伝ってあげる

よくある光景だと思います。


多くの大人は子供だからしょうがない、できないのが当たり前と思っているでしょう。大きくなったらいつのまにかできるようになる。と漠然と考えているのでしょう。

私もそうでした。しかし、そんな私の考えを覆したあるエピソードがあります。

サッカークラブのバイトのある日のこと。ヘッドコーチのKさんが靴紐を結べない幼稚園児たちに

「自分でどうにかしなさい。結び方なんて間違っててもいいからどうにかして園庭に集合」

と言いました。

そしてお母さんたちにも聞こえる声で

「なんでもお母さんにやってもらってるようじゃサッカーなんてできないよ」

「それにお母さんにサッカー行きなさいって言われたから来てる子も帰っていい。」

「自分がやりたいと思わないなら来なくていい」

と言い放ったのです。

そのKコーチは子供を子供扱いしない人でした。それは幼稚園児だろうが関係なかったのです。

子供を子供扱いしなかったら驚くほど成長した子供たち
その日から驚くことに、靴の紐を結べる幼稚園児が少しづつ増えていったのです。そして、お母さんたちも変わり始めました。

子供の靴紐も結んであげることなく、子供に最後までやらせるようになりました。お着替えに時間がかかっている子供を見兼ねて手伝っていたお母さんも最後まで自分でやらせるようになりました。

そして、そういったことがサッカーにも良い影響を与えたのです。

いままで積極的にボールを追いかけなかった子が自分からボールを追いかけるようになったり、口数の少なかった子が積極的に話しかけてくるようになったりと驚きの変化を遂げたのです。

自分で主体的に行動するということを覚えると子供はみるみる成長するということがその時わかりました。

スポイルとは 「本来持っている良い性質を損なうこと」
私はちょうどその頃、ジュニアサッカー指導者向けの本を読んでいた時に「スポイル」という言葉を知りました。

スポイルとは「甘やかしてダメにすること」「本来持っている良い性質を損なうこと」だそうです。

私は前述した「子供を子供扱いしなかったコーチのエピソード」が頭に浮かびました。

当たり前だと思ってやっていたことが実は子供の本来持っている良い性質を損なっていたんだなと感じました。つまり子供のサポートをしていたつもりのお母さんたちは子供を「スポイル」していたのです。

子供の主体性を育むこと
子供は大きくなったらいつのまにかなんでもできるようになる。と漠然と考えてしまいがちですが、よーく考えてみると、子供ができなかったことができるようになる瞬間というのは、自分でやろうと決意したときなんです。自分の意思で決めた時なんです。

いつも誰かがやってくれるような状況に甘んじている限り、できるようになることはなりません。

「みんなができるようになってきて自分もできなきゃ恥ずかしい」そんなちょっとダサい理由でも自分でやろうと決めた瞬間にできるようになるわけです。

幼稚園児でもやらせればできるようになるんです。本当の愛は子供に主体性をもたせることです。子供が自分で考えて行動できるように促すことです。

子供の為に何でもかんでも与えてしまうと自分で考えて行動することができなくなってしまいます。サッカーの基本はここなのです。

主体性を持っていること。自立していること。この土台がないかぎりサッカーを心から楽しむことはできないのです。

そしてそれは人生も同じです。
[PR]
by treflesoccer | 2016-04-21 01:50 | レッスン風景

何気ない日常

今日もコツコツ積み重ね。

でも決して、殺伐とした雰囲気でただ黙々というわけではない。

ゆるーく、楽しくワイワイ言いながら(*^_^*)

もちろんスイッチ入って黙々とやる個もいます。誰に言われることなく、当然のようにボールを触り続ける個も。

ただ、みんながみんなそうではない。

感情、気分の赴くままに自分のペースで。

それで良いと思ってます。

焦ってせかしてもしょうがないですから。

もっと大切なことがある気がします。


昨日の地震のように思いもよらないことが突然やってくる。

最近個人的にもいろいろあり、当たり前のように過ごす何気ない日常が当たり前でないことを改めて感じます。

サッカー出来るだけで在り難い。

ゆっくり眠れる家があり、食事を作ってくれる、掃除洗濯、送迎してくれる家族がいて、何不自由なく日々を過ごせることが、いかに在り難いことか。

何気ない日常に感謝する気持ちを忘れないで過ごしたい。

d0091852_2355359.jpg

[PR]
by treflesoccer | 2016-04-15 23:34 | レッスン風景

成長の瞬間

今日も雨・・。

低学年対象のキッズクラスは体調も考えお休みにするのですが、それ以上のクラスはやってます。そんな中、元気一杯現れた年長さんのあっちゃん。

園児一人でも気にせず、みんなと一緒に頑張ってました(*^_^*)

さすがにかなりの雨だったので少し早めに帰りましたが、来てくれる事が嬉しいです。単なる習い事で仕方なく来ているのであれば、こんな天気で来ることは無いでしょう。
将来、サッカー選手を夢見ているというわけでは無いかもしれませんが、この経験、この頑張りはきっとこの先の人生にプラスになると信じています。
今後のあっちゃんの成長が楽しみです(*^。^*)

d0091852_23112728.jpg
d0091852_23115959.jpg


もちろん他の小学生たちも雨など全く気にせず、集中して良いプレイをしてました。少しずつですが、前進しているのを感じます。
ちょっとしたその変化を見逃さず、しっかりその成長を観てあげること。その一声でまた更に成長を加速させるきっかけになる。

それが指導者の役割だと思ってます。

成長するその瞬間を目の当たりにすることがもっとも嬉しい瞬間でもある。
子どもたちと共にその場に居れる幸せ。
感謝しながら1日1日を過ごしていきたいです。
d0091852_23563093.jpg

d0091852_2313647.jpg
d0091852_23134069.jpg

[PR]
by treflesoccer | 2016-04-07 23:57 | レッスン風景

楽しいのが一番

先週の「坂の上の雲」フットサル大会で現状確認が出来た選手たち。

この結果を受けての今週の練習での変化を観察していると自主的に自分の心の弱さに立ち向かう選手、まだ自分の事ととらえられていない選手それぞれ。

やらされているのか、自らやるかの差がこれからの成長の差になる。

いずれにしても自分次第。

刺激は与えつつもゆっくり待ちたいと思います。


試合は散々だったのですが、本人たちは楽しかったようです(^_^.)

まあ、それが子供たちの本心なのでしょうね。
楽しいからやってるだけで、それ以上でもそれ以下でもない。
だから、だれに強要される必要も無いし自分たちの意思で感情でこれからもサッカーを楽しんでくれたらそれが一番!

負けた悔しさも当然あるのでしょうが楽しさがそれを上回っているだけ。

楽しいからもっと上手くなりたい、試合に勝ちたい、もっともっと。
そうなることをサポートするだけです。

上手くなってほしい、成長してほしいという気持ちと同時に、大切なこの時期を預かる指導者としての責任は当然あります。
ただ、大人の必要以上な期待の押しつけは余計なお世話以外の何物でもない。そこは間違わないようにしなければなりません。

大切なのはそのさじ加減。

子どもたちと一緒に成長していきたいですね。

d0091852_209188.jpg

楽しさを教えてくれたセルジオ越後さん広山さんと記念撮影\(^o^)/
ありがとうございました!
d0091852_2091110.jpg

愛媛新聞にクリニックの様子が掲載されていたのですがちゃっかり写真に写るうちの選手たち(^_^.)
良い記念になりました。
d0091852_21473938.jpg

[PR]
by treflesoccer | 2016-04-06 22:12 | レッスン風景
今日、明日と「坂の上の雲のまち松山」松山市ジュニアフットサル大会に参加

運営していただいたみなさん、対戦チームの皆さん、いつもありがとうございます。m(__)m


午前中の2試合だけしか観れませんでしたが、まったくの別人のように緊張し、頭真っ白になる選手たち・・。
逃げパス、何も考えず突っ込む、人任せに見てるだけ・・。

まだまだです。

今日たまたまそうなったというのではなく、試合になるといつもこうなるのには原因がある。そこに気づかないとずっとこのままです。技術をいくらつけてもそれは意味がないこと。

メンタルの弱さと簡単に片づけてはダメな問題。

普段の生活習慣を含む行動が全てです。自分で考え、細部に拘り行動できているか、積み重ねが出来ているかが試されています。
自分の都合ばかりで好きなことだけやっていたのでは変わることはないでしょう。

しかし、逆に言うとここさえ乗り切れば爆発的に成長します。それだけの積み重ねを続けているのも事実。

言い訳探しをやめ、自分の事として真剣にとらえ、ワンランクアップ出来るかどうかの大事な分岐点。

どのようにそう導くか、仕向けるか。指導者が試されてます。

色々な刺激を与えつつ、気づきを待ちたいと思います。

明日の変化が楽しみ。

d0091852_04238.jpg
d0091852_0423285.jpg

[PR]
by treflesoccer | 2016-04-03 01:13 | レッスン風景

復活

インフルエンザに撃沈されて10日間・・・。

長引きました(+_+)
ご迷惑おかけしましたm(__)m

そして、ようやく少し復活して久しぶりのスクールでした\(^o^)/

寝込みながらもいろいろ考えた今後の方向性。

今までの継続と次の段階へのステップアップ。

実際に子供たちのプレイを観て、はっきりしました。そろそろ次の段階に入って良い個と、まだまだもっと継続すべき個。

目先にとらわれず、5年後、10年後からの逆算。

ブレないように。

d0091852_23293039.jpg

[PR]
by treflesoccer | 2016-04-01 23:36 | レッスン風景

楽しい週末

昨日、土曜日は4,5年生がFCルースさんに呼んでいただいて、広島県向島へ行ってきました。

ルースFC(広島)、SHIZUNAN FC(静岡)、PANNA FC(大阪)、HIROTA FC(富山)と全国の拘りあるチームのみなさんと交流させて頂いて、かなりの刺激を頂きました。

うちも、個に拘ってはいるつもりですが、まだまだです。相手を感じて逆をとり、ゆっくりサッカーを遊べる他チームの選手にくらべ、相手関係なく、自分のイメージだけで慌てて仕掛け、楽しむ余裕のないうちの選手。
まず、その差を子どもたちが肌で感じることが出来たことが何よりの収穫です。
言葉でいくら説明しても伝わるものではなく、やはり自分自身の感覚で何かを感じること。
このままではダメだと内なる感情に火をつけるにはそれが一番。

ただ試合をするだけなら県内で十分です。強いチームは県内にもたくさんあります。
でも時間をかけお金をかけ、保護者の方に負担をおかけしてまでも遠征に出かける理由です。
(なるべく金銭的負担がかからないようにかなり節約、貧乏遠征がチーム最大の長所です。(^_^.))

勝った負けたで一喜一憂しない、本当の育成を真剣に考えているチームとの時間、空間は本当に居心地が良い。

たくさんのヒントも頂いたので今後の子どもたちの成長が楽しみです。
関係者の皆さん、そして遠く向島まで応援に来て下さった保護者の皆さん本当にありがとうございました。

d0091852_20395092.jpg
d0091852_2040402.jpg


そして、今日、日曜日はレディース・ガールズフェスティバルを開催!
たくさんの女子選手に参加してもらってバブルサッカーを楽しみました\(^o^)/
もちろんフィーユの選手たちも。

普通にサッカーするだけでなく、とにかく楽しく身体を動かし、好奇心に火をつけ、刺激を受けることが何よりの成長に繋がることだと信じて、これからもいろんなことにチャレンジしていきます!

遊ぶこと!

うちのチームの最大のテーマです。

d0091852_2041258.jpg
d0091852_20422916.jpg
d0091852_20441280.jpg

[PR]
by treflesoccer | 2016-03-20 21:34 | レッスン風景