愛媛県のサッカースクール トレーフルサッカースクールのブログです。


by treflesoccer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ移転のお知らせ

トレーフルサッカースクールブログは下記に移転しました。

http://ameblo.jp/treflefc/

引き続き応援よろしくお願いします。
[PR]
# by treflesoccer | 2016-09-25 18:13

サッカーが出来る幸せ

毎日、ボールを触り、サッカーが出来る。

当たり前でなく、それがすでに幸せなこと。

将来のために、上手くなるために、楽しいから、理由はそれぞれでしょうが、サッカーが出来るという幸せを感じているだろうか?

感謝の想いが持てているだろうか。

当たり前だと思っていたことが当たり前でないということ。

熊本を目の当たりにして改めて感じました。

それこそ、伝えていくべきことだと。

d0091852_18182341.jpg
d0091852_18191392.jpg
d0091852_18224475.jpg
d0091852_18231710.jpg
d0091852_1824046.jpg
d0091852_18243724.jpg
d0091852_18253352.jpg
d0091852_1826285.jpg

[PR]
# by treflesoccer | 2016-05-14 18:34

熊本へ想いを!

クラブ生、スクール生の皆さん、愛媛Jrサッカー・F・リーグ加盟チームの皆さん、小野FCさん等からたくさんの支援物資、義援金をお預かりしました。

本日、皆さんの気持ちと一緒に熊本へ届けて参ります。

ご協力ありがとうございました。

d0091852_15462280.jpg
d0091852_15472038.jpg
d0091852_15481366.jpg
d0091852_15484850.jpg
d0091852_15495188.jpg

d0091852_15501741.jpg

[PR]
# by treflesoccer | 2016-05-09 15:53

GW写真集

GWの写真です。

たくさんの思い出と、日常では得難い経験を沢山の方に頂いて。

子どもたちは成長しています。

関わって下さった皆様、送り出してくれた保護者の皆様に感謝です。

d0091852_14511943.jpg
d0091852_14515556.jpg
d0091852_14522794.jpg
d0091852_14525086.jpg
d0091852_14532314.jpg
d0091852_14535215.jpg
d0091852_14543585.jpg
d0091852_14552429.jpg
d0091852_14555427.jpg
d0091852_14561374.jpg
d0091852_14562536.jpg
d0091852_14563567.jpg
d0091852_14564850.jpg
d0091852_1457469.jpg
d0091852_14581416.jpg
d0091852_14585965.jpg
d0091852_14595295.jpg
d0091852_1504170.jpg
d0091852_1512636.jpg
d0091852_1525636.jpg
d0091852_1533581.jpg
d0091852_1541240.jpg
d0091852_1545583.jpg
d0091852_1552875.jpg
d0091852_156767.jpg
d0091852_1564172.jpg
d0091852_1573026.jpg
d0091852_1583265.jpg
d0091852_1593523.jpg
d0091852_15102893.jpg
d0091852_15111631.jpg
d0091852_1512219.jpg
d0091852_15124942.jpg
d0091852_15141036.jpg
d0091852_1515943.jpg
d0091852_15174542.jpg
d0091852_15181680.jpg
d0091852_15184850.jpg
d0091852_1519183.jpg
d0091852_15194820.jpg
d0091852_15202191.jpg
d0091852_15205025.jpg
d0091852_15213798.jpg
d0091852_15221713.jpg
d0091852_1523174.jpg
d0091852_15234597.jpg
d0091852_15242448.jpg
d0091852_1525559.jpg
d0091852_1525417.jpg
d0091852_1526201.jpg
d0091852_1527049.jpg
d0091852_15274124.jpg
d0091852_15282727.jpg
d0091852_15314535.jpg
d0091852_15355022.jpg
d0091852_15364679.jpg
d0091852_1538317.jpg

[PR]
# by treflesoccer | 2016-05-06 15:52

県女子大会準決勝

日曜日に行われた愛媛県女子サッカー大会準決勝

3-1で勝利

来月行われる決勝戦に進むことが出来ました。

今年度初めてとなるいわゆる公式戦

特に結果に拘るつもりもないのですが、勝利は素直に嬉しいですね。

3連覇もかかってるし(*^_^*)

修学旅行や参観日で参加できなかった選手もいましたが、その分、普段あまり目立たない選手の活躍、成長が見られたのが良かった。
基本的に先発メンバーも交代も自分達で行うのですが、当然みんな出場したがるし、誰がどこに出てもそんなに変わりないのでメンバー交代に苦労してました。

それもまた成長に繋がります。

遠慮や馴れ合いでなく、主張や競争をする中で、それでも配慮や協調も忘れない。そんなチームになってきてます。

中高一緒で構成するチームの良いところだと思ってます。

それがチームの雰囲気、明るさになって周りに伝わっているからどこに行っても褒めて頂けるのだと思う。

人数も少なく、決して強豪チームではありませんが、拘りはかなり強いチームだと自負しています。それは技術、アイディアという個への拘りと主体性、人間力の向上という最大の目的への拘り。

サッカーを教育の手段だとは思わないですが、サッカーをすることで成長することは確実にあります。学校では学べない部分だとも。

もちろんまだまだもっともっと拘っているチームが全国にはたくさんあるので、現状に満足することなく、更なる拘りを求めて。

楽しむことは忘れずに進んでいきたい。


d0091852_23534319.jpg
d0091852_23542589.jpg
d0091852_235554.jpg

[PR]
# by treflesoccer | 2016-04-27 01:40 | フィーユ(女子)

新しい仲間増えてます

新年度になり毎日のように新しい子が入会してくれて、賑やかになってきています。
数あるクラブの中でうちのクラブを選んでくれる。
在り難いことです。

新しい子達にもサッカーの楽しさを伝えていけるように、そしてクラブの方針だったり、考え方が少しずつでも感じてもらえるように工夫しながらやってます。

そんな中、今日も体験の子がきていたのですが、他の教室の子達が遊びに来てくれて、そして手伝ってくれます(*^。^*)

その気持ちが嬉しいですね。

子ども同士で伝え合うことが、双方のプラスになる。

僕がいちいち説明しなくとも、よっぽど上手く伝わります。

この雰囲気、この環境がうちのクラブの良さだと思ってます。


今日の夜のジュニアユースの練習でも同じように体験の子が来たので、いつもは他の曜日に練習参加している選手が手伝いに来てくれました。

本当にありがたい。

少しずつですが、良いクラブになってきてます。

d0091852_0294229.jpg
d0091852_0312311.jpg

[PR]
# by treflesoccer | 2016-04-26 01:04 | レッスン風景

強烈な刺激を。

今日は仲間達で構成するプライベートリーグ『Fリーグ』に参加。

雨も心配されましたが最後まで天気も良く、そして良いピッチ、心地よい雰囲気と素晴らしい環境でサッカー出来ることに感謝しなければなりません。

対戦して頂いたチームの皆さんありがとうございました。

そんな素晴らしい環境で試合が出来るにも関わらず、まだまだ闘う集団には程遠い選手たち(^_^.)

基本、真面目だけどお茶目で心優しく、とても可愛い子達ばかり。
それはとても素晴らしいこと。
失ってほしくない部分だし、それがベースにあるからこそ今後、人間力が身に付いていくのだとも思っています。

ただ、自分にも優しく、甘い。

そこが最大の課題。

偏に指導者の甘さ、弱さなのでしょう。

反省です。

もっと本気で夢を追ってほしい。

「大好きなサッカーだけは誰にも負けたくない!!」と内なる闘志に火を付けて、牙を研ぎ澄まし闘ってほしい。


言ってやらすことは簡単なのでしょうがそうはしたくない。だからと言って子供たちの自主性という言葉で逃げるつもりもない。

スイッチ入るのをただひたすら待ちたいと思います。

強烈な刺激を準備して。

みんな、楽しみにしててね(*^。^*)

d0091852_20424886.jpg
d0091852_20432982.jpg
d0091852_2044553.jpg
d0091852_20445167.jpg

d0091852_2211951.jpg
d0091852_22113550.jpg
d0091852_22114723.jpg
d0091852_2212247.jpg
d0091852_2212158.jpg

[PR]
# by treflesoccer | 2016-04-23 21:17 | レッスン風景

成長してます

少しずつですが、それでも確実に成長が見える選手たち。

前回のブログで書いたように任せればだいたいの事は自分で出来ます。出来るようになります。

ついこの前まで、まだまだ幼い低学年だという印象だった4,5年生の子達が今ではしっかり園児や1年生に教えてくれます。
丁寧に、そして優しく。
上手くできたら「すごい!」、「やったね!」と声を掛けてあげながら(*^_^*)

それがとても微笑ましくて、嬉しくて。

技術の向上ももちろん大切ですが、このような人間力の向上が見られるのが何より嬉しい。



子どもたちは指導者の何気ない態度や声のかけ方を良く聞いています。

それを真似ます。

表面的な現象だけ見て本質を見ず、ダメ出しばかりしているとそれを真似て同じように子どもたち同士で声を掛けます。

そんな試合を良く見かけます。

真似されて困るような指導者にはならないように。

d0091852_12366.jpg
d0091852_132191.jpg
d0091852_141085.jpg
d0091852_153940.jpg

[PR]
# by treflesoccer | 2016-04-22 01:43 | レッスン風景

共感

ある方のブログです。

この中に出てくる、Kコーチとはもう10年以上前からのお付き合いで、いつも刺激を受けているとても尊敬できる指導者です。

文才がないのでここまで上手く文章にできないですが、全くと言ってい良いほど共感する内容。

ぜひ、読んでいただきたい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
幼稚園児を子供扱いしなかったら驚きの成長をとげた話

子供たちにサッカーを教えているとこんな光景をよく目にしました。

・靴紐を結べない子どもを見兼ねてお母さんが代わりに靴紐を結んであげる

・靴下を上手に履けない子をお母さんが手伝ってあげる

よくある光景だと思います。


多くの大人は子供だからしょうがない、できないのが当たり前と思っているでしょう。大きくなったらいつのまにかできるようになる。と漠然と考えているのでしょう。

私もそうでした。しかし、そんな私の考えを覆したあるエピソードがあります。

サッカークラブのバイトのある日のこと。ヘッドコーチのKさんが靴紐を結べない幼稚園児たちに

「自分でどうにかしなさい。結び方なんて間違っててもいいからどうにかして園庭に集合」

と言いました。

そしてお母さんたちにも聞こえる声で

「なんでもお母さんにやってもらってるようじゃサッカーなんてできないよ」

「それにお母さんにサッカー行きなさいって言われたから来てる子も帰っていい。」

「自分がやりたいと思わないなら来なくていい」

と言い放ったのです。

そのKコーチは子供を子供扱いしない人でした。それは幼稚園児だろうが関係なかったのです。

子供を子供扱いしなかったら驚くほど成長した子供たち
その日から驚くことに、靴の紐を結べる幼稚園児が少しづつ増えていったのです。そして、お母さんたちも変わり始めました。

子供の靴紐も結んであげることなく、子供に最後までやらせるようになりました。お着替えに時間がかかっている子供を見兼ねて手伝っていたお母さんも最後まで自分でやらせるようになりました。

そして、そういったことがサッカーにも良い影響を与えたのです。

いままで積極的にボールを追いかけなかった子が自分からボールを追いかけるようになったり、口数の少なかった子が積極的に話しかけてくるようになったりと驚きの変化を遂げたのです。

自分で主体的に行動するということを覚えると子供はみるみる成長するということがその時わかりました。

スポイルとは 「本来持っている良い性質を損なうこと」
私はちょうどその頃、ジュニアサッカー指導者向けの本を読んでいた時に「スポイル」という言葉を知りました。

スポイルとは「甘やかしてダメにすること」「本来持っている良い性質を損なうこと」だそうです。

私は前述した「子供を子供扱いしなかったコーチのエピソード」が頭に浮かびました。

当たり前だと思ってやっていたことが実は子供の本来持っている良い性質を損なっていたんだなと感じました。つまり子供のサポートをしていたつもりのお母さんたちは子供を「スポイル」していたのです。

子供の主体性を育むこと
子供は大きくなったらいつのまにかなんでもできるようになる。と漠然と考えてしまいがちですが、よーく考えてみると、子供ができなかったことができるようになる瞬間というのは、自分でやろうと決意したときなんです。自分の意思で決めた時なんです。

いつも誰かがやってくれるような状況に甘んじている限り、できるようになることはなりません。

「みんなができるようになってきて自分もできなきゃ恥ずかしい」そんなちょっとダサい理由でも自分でやろうと決めた瞬間にできるようになるわけです。

幼稚園児でもやらせればできるようになるんです。本当の愛は子供に主体性をもたせることです。子供が自分で考えて行動できるように促すことです。

子供の為に何でもかんでも与えてしまうと自分で考えて行動することができなくなってしまいます。サッカーの基本はここなのです。

主体性を持っていること。自立していること。この土台がないかぎりサッカーを心から楽しむことはできないのです。

そしてそれは人生も同じです。
[PR]
# by treflesoccer | 2016-04-21 01:50 | レッスン風景

何気ない日常

今日もコツコツ積み重ね。

でも決して、殺伐とした雰囲気でただ黙々というわけではない。

ゆるーく、楽しくワイワイ言いながら(*^_^*)

もちろんスイッチ入って黙々とやる個もいます。誰に言われることなく、当然のようにボールを触り続ける個も。

ただ、みんながみんなそうではない。

感情、気分の赴くままに自分のペースで。

それで良いと思ってます。

焦ってせかしてもしょうがないですから。

もっと大切なことがある気がします。


昨日の地震のように思いもよらないことが突然やってくる。

最近個人的にもいろいろあり、当たり前のように過ごす何気ない日常が当たり前でないことを改めて感じます。

サッカー出来るだけで在り難い。

ゆっくり眠れる家があり、食事を作ってくれる、掃除洗濯、送迎してくれる家族がいて、何不自由なく日々を過ごせることが、いかに在り難いことか。

何気ない日常に感謝する気持ちを忘れないで過ごしたい。

d0091852_2355359.jpg

[PR]
# by treflesoccer | 2016-04-15 23:34 | レッスン風景